自閉症 テスト 幼児

幼児の自閉症の特徴やテスト

スポンサーリンク

今回は幼児の自閉症の特徴やテストというテーマについて話していこうと思います。
自閉症の特徴についてですが、女性よりも男性の方に多くみられる障害となっています。
また、様々な症状がありますが、軽度の場合見た目もたいして変わらないため、区別が難しいと言われています。
周りの人は日常生活に関わるわけですが、病気のことを理解してあげようとする姿勢や気持ちがとても大切になってきます。
赤ちゃんの頃から特徴的な行動をすることがあるので、比較的小さい頃から気づき、テストを行うことで病気の発見に繋がることが多いです。
また以下のような特徴もあります。
人と目をあまり合わせることができませんし、積極的に関わろうともしません。
なので、他の子ともあまり遊ぶということはしません。
それはコミュニケーションが苦手だということが理由なのかもしれません。

スポンサーリンク

また言葉が全く出てこなかったり、たまに言葉が遅れて出てきたりします。
質問しても適切に答えることができずに、オウム返しのような返答をしてしまいます。
また、行動が異常に活発な時もあります。
元々子供は活発ですが、目的がなくずっと走り続けるという行動も見受けられます。
じっとしていることが難しく、突然部屋から飛び出すという突拍子な行動にでることもあります。
また、特徴的なこだわりをもっています。
たとえば、同じ道順で行ったり帰ってきたり、同じ食べ物をずっと食べ続けたり、同じ遊びを繰り返したりするといったことが挙げられます。
また、自閉症の子は自分の感情を気持ちを上手に伝えることが苦手です。
なので、慣れない事をするとパニックを起こす時があります。
この場合髪の毛を引っ張ったり、壁に頭をぶつけたりをして、ストレスを発散させます。
このような症状と照らし合わせて、テストをしてみると早期発見ができて、適切な対処をとることができるでしょう。
以上、幼児の自閉症の特徴やテストについてでした。

スポンサーリンク