新生児 自閉症 症状

新生児の自閉症の症状とは?

スポンサーリンク

今回は新生児の自閉症の症状とは?というテーマで話していこうと思います。
自閉症は生まれつきの障害で、脳の機能が正常に働かずに、耳や目から入ってきた情報を整理して認知することが苦手です。
自閉症という文字から、心を閉ざしてしまう病気と思われがちですが、そうではなく、脳の障害なのです。
育て方や環境のせいではないので、もし育て方が悪かったのでは、、、と悩んでいる人がいれば、そうでないので自分を責めないであげてください。
自閉症といっても症状は色々あります。
程度も弱い人もいれば強い人もいます。
見た目も健常者の方と変わらないことが多いので、判断も難しいです。
ただし医学的に三つの判断基準があり、三歳までに症状が認められた場合に自閉症と判断されます。
ではその三つとはなんなのでしょうか?
どんな新生児の自閉症の症状なのでしょうか?みていきましょう。
1、『社会性の欠如』
自分と相手との関係や距離感を認識することができず、適切な行動をとることが困難です。
周りへの関心が薄く、一緒に遊ばなかったり、逆に人見知りをしないでドンドン話しかけたりします。
行動が極端である特徴があります。

スポンサーリンク

2、『コミュニケーション能力の欠如』
相手と視線を合わせないようにしたり、逆に凝視したりします。
また言葉を正しく理解できない特徴があり、言葉の遅れや言葉をオウム返ししたり、更には意味のない言葉を繰り返していったりします。
また言葉が全くでないときもあります。
3、『想像力の欠如』
自分の気持ちを上手く伝えられなかったり、臨機応変な態度をとることが困難です。
予測していなかった事態が起きたり、慣れないことをする時はパニックを起こしたりします。
また、表現方法がわからず、自傷行為をする危険性もあります。
それでは次は新生児の自閉症の具体的な行動を挙げていきます。
1、『多動』
その場でジットしていることが出来ずに落ち着きがありません。
注意欠陥多動性障害と診断されることも。
2、『こだわりが強い』
日常の変化を嫌ったりします。
決まった位置、物、行動や習慣を繰り返します。
3、『意思の疎通が難しい』

何かを伝えることが難しいので、相手の腕を引っ張るような行動をとるときがあります。(クレーン現象)
4、『異常感覚』
視覚、聴覚、嗅覚、触覚などの感覚が正しく脳で処理できないため、鈍感であったり、逆に敏感で感じやすかったりもします。
5、『睡眠異常』
歳を重ねても、睡眠のリズムが上手くとれずに二時間おきに起きたり、睡眠時間が極端に短かったりします。
以上、新生児の自閉症の症状とは?でした。

スポンサーリンク