新生児 自閉症 特徴

自閉症の新生児の特徴とは?

スポンサーリンク

今回は自閉症の新生児の特徴とは?というテーマで話していこうと思います。
自閉症の新生児の特徴とはいったいどんなものなのでしょうか?みていきましょう。
自閉症の新生児の身体的成長は、健康的な子と比べても、発達が遅れてるなどの、特に目立った遅れというものはありません。
遅れがあるとすれば、精神的な成長面です。
健康児の生後3〜4ヶ月の場合はよく笑ったり、声を発するようになります。
そして問いかけに反応したり、アイコンタクトをする回数も増え、コミュニケーションも徐々に養われていきます。
しかし自閉症の子供は、基本的に表情が乏しく、笑うこともありますが少なく、機嫌がよくてもよく分かりません。
怒りの表現は激しい面がみられます。
また呼びかけに対しても、耳が悪いわけではなのに、反応が薄かったり、アイコンタクトをとろうとしても、目を合わせてくれなかったり、上の空だったりします。
そのため、健康児と比べると、静かで大人しい印象があるかもしれません。

スポンサーリンク

他にも自閉症の新生児の特徴として、スキンシップをあまりとろうとしないところがあります。
また抱っこを嫌がったり、一人でいることを好んだりします。
健康児の場合、成長と共に人見知りがでてくることもあるのですが、自閉症の赤ちゃんは人見知りをしないことが多いです。
また、人の真似をすることがほとんどありません。
また自分に向かってバイバイをするなど、意味が分からない行動をとったりします。
自閉症の新生児はこのような特徴があります。
しかし、健康児でもこのような行動をとることがありますので、勝手に判断するのはやめた方が良いでしょう。
気になること不安なことがある場合は、専門の医師がいる病院にいくことをオススメします。
自閉症であることがわかれば、わかった時から早期の療育を受けていくことができます。
0歳から行えるプログラムもありますので、疑いがあれば、ぜひご検討ください。
以上、自閉症の新生児の特徴とは?でした。

スポンサーリンク