自閉症 自傷行為 原因

自閉症の自傷行為の原因

スポンサーリンク

今回は自閉症の自傷行為の原因というテーマで話していこうと思います。
自閉症の自傷行為の原因は一体どんな原因があるのでしょうか?みていきましょう。
自閉症は生まれつきの脳の障害であることは解かっているのですが、それ以上の詳しい原因等は分かっておらず、治療法がないので、療育という手段をとっていくことになります。
医師の指示のもと、専門のスタッフや周りの家族の人のサポートにより、日常生活を支障をきたさないで送れるようになる可能性も大いに高くなります。
自閉症の症状や特徴は、一つのものに執着をする、パニック症状、強いこわばり、他人とのコミュニケーションが苦手、自傷行為などが挙げられます。
そして症状や特徴で心を痛めるのが、この自傷行為というものです。
これは時に生命に関わることもあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

この自傷行為をしてしまう時というのは、悲しみ、不安、怒りを強く感じてしまい、それらの感情のコントロールが上手くできず、それを他人ではなく、自分にぶつけてしまうことで自傷行為に走ってしまうのです。
具体的な行動として、刃物やペンで腕を刺したり、顔をかきまくったり、手を噛んだりします。
このような自傷行為を行っている時というのは興奮状態にあるので、まずは心を落ち着かせることが重要です。
この自傷行為を行う前は何かしらの嫌な刺激を受けているはずです。
ですので、まずはどんな刺激が嫌だったのかを分析する必要があります。
たとえば、行動を制限された、叩かれた、怒られた、嫌な音を聞いた等です。
これらの刺激は自閉症の方にとっては、強いストレスとなり、パニックの原因になるのです。
パニックを起こすと、奇声を発したり、暴れたり、物を投げたりしますが、それが自分自身に向かってしまうと自傷行為となって現われるのです。
自傷行為を無くすには、パニックを起こす原因を理解し、取り除いてあげることが必要です。
その上で過ごしやすい環境を提供してあげることが重要です。
以上、自閉症の自傷行為の原因についてでした。

スポンサーリンク