赤ちゃん 奇声 自閉症

赤ちゃんが奇声を発するのは自閉症なのか?

スポンサーリンク

今回は赤ちゃんが奇声を発するのは自閉症なのか?というテーマで話していこうと思います。
赤ちゃんの奇声は、自閉症や発達障害を持っていることが疑われます。
しかし、健常な赤ちゃんでも奇声を発するので、これだけで判断するのは困難です。
なので他に、
・よく分からない方向に視線を送っている
・音が出るもの、動くものをずっと見ている
・こだわりが強い
・独り言、多動、目を合わせない
などの症状が出ていないか?がポイントになります。
奇声は通常、三歳を過ぎたあたりでなくなることが多いので、それも一つの指標になります。
赤ちゃんの奇声は、成長を示す指標の一つに過ぎないので、他に情報がないかぎり、様子見の段階でしょう。
赤ちゃんの奇声は、言葉の発達・発声には大事なものです。
腹筋を鍛えたり、肺活量を増やしていくためには貴重な体験です。
なので寧ろ不安な要素ではなく成長過程の一つとして捉えると精神的にも楽になると思います。
赤ちゃんが奇声を発するのは、眠いとき、眠いけど寝れないとき、声を出す練習などの理由があります。

スポンサーリンク

他には
・楽しいから
・何かに不満
・注目してほしい
・かまってほしい
などの理由があります。
そして、自閉症の疑いがある場合の子に対する対処法について話していきます。
自閉症の子は自分の意見や考えを上手く相手に伝えることができません。
なのでそのことがストレスになったり、思い通りに行かないことに不安を覚えます。
奇声をあげたときは何かを訴えているときであり、自閉症の子には言葉ではなく、感覚から伝えていくようにしましょう。
たとえば、覚えてほしいルールなどを絵や物を使って覚えてもらうのです。
自閉症の子は一度覚えると、自分の中でルールを構築します。
そしてその通りに正確に忠実に行っていきます。
自閉症の子はその構築したルールを他の人や物に邪魔されることを嫌います。
その時に奇声をあげたりしますので、安心して穏やかに過ごせるように、そのことを周囲の人や大人が理解して配慮することが大切です。
以上、赤ちゃんが奇声を発するのは自閉症なのか?でした。

スポンサーリンク