赤ちゃん 自閉症 手

自閉症の赤ちゃんは手の動きで分かる?

スポンサーリンク

今回は自閉症の赤ちゃんは手の動きで分かる?というテーマで話していこうと思います。
自閉症の赤ちゃんは手の動きで分かるのでしょうか?みていきましょう。
自閉症の赤ちゃんは、色々な場面で、他の定型発達の子とは違う行動をすることが多いです。
そして、手の動きも自閉症特有の動きをみせることがあります。
たとえば、同じものを指を指して見つめ続けたり、手をひらひらさせたりする行動があります。
このような行動は定型発達の子でも行ったりすることもありますが、飽きずにずっとすることはなかなかありません。
自閉症の子の感覚は定型発達の子とは少し異なる傾向があります。
ですので、少しおかしいなと思ったら、早めに病院へ行き、特徴を医師に話すと良いでしょう。

スポンサーリンク

三歳ぐらいにならないと確定診断ができませんので、それまでは良く観察をして、特徴をメモしておくなど、判断材料を多くためておくのが良いでしょう。
そうすることで後々適切な対処を受けることができるのです。
その子によって症状や特徴の現われる時期は違い、生まれてからすぐにみられる場合もありますし、逆に遅い場合もありますので、定期健診をしっかりと受けることが重要です。
自閉症は手以外にも特徴が現われるので、手以外にも注意を払って観察することがポイントです。
幼い頃に確定診断をすることは難しく、なにかと周りのサポートを受けないといけない場面が多く、周りの人は大変かもしれません。
しかし、紳士に接することによって、他の障害を見つけるのが早くなったり療育を早く受けることができ、その分将来の不安も軽減されるでしょう。
早期発見されることで、療育が早く受けることができ、より良い生活を送れるようになるのです。
以上、自閉症の赤ちゃんは手の動きで分かる?についてでした。

スポンサーリンク