自閉症 疑い 何科

自閉症の疑いがある場合は何科に行けば良い?

スポンサーリンク

今回は自閉症の疑いがある場合は何科に行けば良い?というテーマで話していこうと思います。
自閉症の疑いがある場合は何科に行けば良いのでしょうか?みていきましょう。
自閉症の疑いがある場合は、専門の医師の診察を受け、診断をしてもらい、適切な指導やアドバイスなんかをもらうことが非常に大切になります。
では、どのような病院、そして何科に行けば良いのでしょうか?
それは、発達障害の人を扱っている病院を先ずは探してください。
現在はインターネットが発達しているので、発達障害を扱っている病院を調べてください。
または、自治体など専門的な相談窓口もありますので調べてみてください。
また、子供の場合は、3歳児検診の時などに、専門機関へ紹介をしてくれることもあるでしょう。
おおむね、多くの都道府県では保健福祉局が公表している医療機関一覧というものがありますので、そこで探してみてもいいかもしれません。
何科で診てもらうのかというと、心療内科や精神科で診てもらうことができます。

スポンサーリンク

また子供の場合は小児科でも大丈夫でしょう。
そして自閉症の人は、脳の器質に異常があるので、MRIなどの検査ができる医療機関が良いでしょう。
病院で何をするのかというと、先ずは問診や発達検査、知能検査などを行います。
そしてその診断結果を元に医師が診断を下し、療育の方針を示してくれます。
そして、他にも血液や脳波の検査なども必要であれば行います。
他にも病気がみつかればその治療を行っていきます。
また、検査に異常がみられないケースもあり、画像や血液検査のみでは、現段階では確定診断は行えるようにはなっていません。
自閉症は生まれつきの脳の障害ですので、治療というものはなく、療育というものがあります。
様々な自閉症特有の行動の軽減を目指すために、行動療法や心理療法を行ったりして、パニック症状や多動性などに対してアプローチをしていきます。
また薬を使った薬物療法も行っていきます。
自閉症の子は他に子に比べてできないことが多く、他の子と比べて自信をなくしたり、不安を抱えやすい状態で過ごすことが多いため、自信喪失になってしまったり、パニック症状が激しくなってしまうことがあります。
ですので、早期発見早期療育が大切ですので、早期に専門機関を受診し、療育の道を医師と一緒になって歩んでいくことが大切です。
以上、自閉症の疑いがある場合は何科に行けば良い?についてでした。

スポンサーリンク