自閉症 特徴 小学生

小学生の頃になると現われてくる自閉症の特徴とは?

スポンサーリンク

今回は小学生の頃になると現われてくる自閉症の特徴とは?というテーマで話していこうと思います。
小学生の頃になると現われてくる自閉症の特徴とは一体どんな特徴なのでしょうか?みていきましょう。
自閉症というのは脳の機能に障害があり、生まれつきの先天性の障害となっています。
しかし、他にも障害を持っている可能性もあり、その症状や特徴の現われ方は人によって異なっています。
症状や特徴が強ければ、幼児の頃からわかる場合もありますし、大人になってから気づく人もいます。
小学生頃にわかる場合は、周りも本人もあまり気づかないということですので、程度は比較的軽度であると言えるでしょう。
しかし、自閉症の子は集団行動が苦手なので、それを気づいてあげることが重要です。
小学生の頃になると現われてくる特徴として、話が伝わらなくても気にしない、他の人と同じ行動ができない、冗談が通じない、積極的にコミュニケーションをとらない、1人でいることが多い、という特徴が挙げられます。
人見知りかと思われますが、人見知りとはまったく別もものですので、見極めが大切になります。

スポンサーリンク

小学生にもなると集団行動が多くなってきますので、自閉症の症状や特徴が顕著になります。
また人の感情や気持ちを察する能力が低いため、空気が読めない人と思われてしまいます。
たとえば暗黙のルールなどもわからないので、ある場面では相手を傷つけてしまったり、先生に怒られることが多くなるでしょう。
しかし、本人は何で怒られているかわからないので、集団の中で生きるのはなかなか難しいのです。
ですので、仲間はずれにされたり、酷い場合にはイジメの対象になってしまうこともありますので、親御さんや先生は注意が必要です。
しかし一方では、暗記物や計算が得意な場合があります。
自分の興味のあるものには、一般の子以上に素晴らしい集中力を発揮する場合があり、すごい成績を残す場合があります。
親御さんは障害があることを認めたくないと思いますが、苦しんでいるのは本人なので、一番過ごしやすい環境を作ってあげることが重要なのではないでしょうか?
以上、小学生の頃になると現われてくる自閉症の特徴とは?についてでした。

スポンサーリンク