自閉症 大人 接し方

自閉症の大人への接し方とは?

スポンサーリンク

今回は自閉症の大人への接し方とは?というテーマで話していこうと思います。
自閉症の大人への接し方はどのようにすれば良いのでしょうか?みていきましょう。
自閉症は生まれ持った障害で先天性の病気なので、治療法はありません。
ほとんどの場合、コミュニケーションをとることが難しく、ですので普通の社会生活を送ることが困難です。
近年この自閉症が増加傾向にあるようですので、時が経ち成長すると大人になりますので、これからの時代は大人の自閉症の方が増えることが予想されます。
自閉症という病気は治ることがありませんので、その人が置かれている環境や周囲の人の接し方や対応が大切になってきます。

スポンサーリンク

大人の自閉症の特徴は、注意されても同じミスをしてしまったり、嫌味やお世辞は通じず言葉通りに理解してしまったり、相手の気持ちを察することが難しかったり、自分の興味があるものしか興味を示さなかったりします。
また、二次障害としてうつ病なんかを伴う場合もあります。
周りの人達が気をつけることは曖昧な表現を避けるということです。
場所や時間、作業内容はできるだけ細かく詳細に伝えましょう。
なぜなら、一日の予定が決まっていないと、不安を感じてパニックに陥ってしまう場合があるからです。
そして、嫌なことを言われたりされたりした場合は、しっかりと嫌であることを伝え、正しい対応の仕方を教えてあげましょう。
やめてほしいこと、やってほしいことを明確に伝えることが重要です。
言葉で伝えられても理解が難しい場合がありますので、絵や図を利用して説明をしてあげると理解ができる場合があります。
そして大切なのは、周りの人が理解をしてあげて、適切な接し方をし、環境を整えてあげることが重要なのです。
以上、自閉症の大人への接し方とは?についてでした。

スポンサーリンク