自閉症 睡眠障害 幼児

自閉症の幼児は睡眠障害にも悩む?

スポンサーリンク

今回は自閉症の幼児は睡眠障害にも悩む?というテーマで話していこうと思います。
自閉症の幼児は睡眠障害にも悩むのでしょうか?みていきましょう。
結論から言うと、自閉症の幼児の中には睡眠障害に悩んでいる子が多いとされています。
何故自閉症の幼児が睡眠障害に陥りやすいかというと、自閉症の子は定型発達の子より、不安を抱えることが多かったりストレスが溜まりやすい傾向にあり、それが睡眠にも影響し、睡眠障害も併発してしまうということです。
その結果、二つ同時に病気を抱えることになってしまうのです。
また、日中に寝ることがあり、逆に夜中に起きていることがあり、昼夜逆転の生活を送っている場合もあり、このような生活習慣は、子供の成長には悪影響を及ぼします。
このような幼児の障害や病気には、小児科または総合病院を受診をし、早期にどのような治療を受けていくのかという方向性だけでも決めていく必要があります。
なんでもそうですが、早ければ早い方が良いでしょう。

スポンサーリンク

自閉症の子は睡眠障害の併発率が高い傾向にあります。
この睡眠障害を治していくには、不眠治療に効果が期待できる薬を処方されることが多いでしょう。
睡眠のリズムを正常な、夜に寝て、昼間は起きているというごくごく当たり前の生活に戻す必要があります。
その生活に戻すための薬が処方されるのです。
一般に睡眠障害と聞くと、寝れないという不眠をイメージする方が多いと思いますが、逆に睡眠時間が長くなってしまう過眠という症状も睡眠障害の一種なのです。
一日に10時間以上寝る幼児は、過眠という睡眠障害と診断されることがあります。
このようなケースの場合は、主にカウンセリングという治療方法をとることが多く、逆に睡眠時間を減らすように促していくことをしていきます。
この睡眠障害については、病院では様々なアプローチを行っていくため、通院などをすれば比較的早く症状が緩和してくるとされています。
以上、自閉症の幼児は睡眠障害にも悩む?についてでした。

スポンサーリンク