自閉症 パニック 原因 症状

自閉症のパニックの原因と症状

スポンサーリンク

今回は自閉症のパニックの原因と症状というテーマで話していこうと思います。
自閉症のパニックの原因と症状はどんなものなのでしょうか?みていきましょう。
自閉症とは発達障害の一つで、これは生まれつき脳に機能障害があるものいいます。
似ている障害に、アスペルガー症候群や多動性注意欠陥障害などがあります。
また症状としては、空気を全く読めず相手を傷つける発言をしたり、他人と目を合わせることをしなかったり、コミュニケーションが難しく問題を起こしたりといった症状が現われます。
特に数人での会話などが苦手で、言葉だけの会話は理解できないことが多く、ジャスチャーを混ぜることによって理解できるケースもあります。
パニックになってしまう原因としては、強く抑えつけられたり、身体の一部を掴まれたりすることで、身体の自由が奪われることに恐怖をおぼえるようで、それがパニックのきっかけになってしまうようです。

スポンサーリンク

すでにパニック状態になっている時に、抑えるために、上記の行動をしてしまうと、余計に悪化してしまう可能性がありますので注意が必要です。
元々性質上、動き回りたい欲求があるようなので、極力人ごみや障害物が多い場所は避ける方が良いでしょう。
また、パニックを起こしてしまう原因は他にもあり、自分の気持ちの整理が出来ず、またコントロールが出来ず、そのためパニックを起こし、周囲の人や物に当たってしまうケースがあります。
具体的には、これは個人差がありますので、あくまで一例ですが、自分が知らないことを質問されたり、安心させようと思って手を握ったことが逆にダメだったりなんてことがあります。
一人一人ストレスやパニックになるきっかけは違うので注意深く観察することが重要です。
改善させようと、無理に慣れさせようとすると症状の悪化に繋がりますので注意が必要です。
大事なのは徐々に自分の病気のことを理解させて、環境を整えていくことが重要なポイントになります。
以上、自閉症のパニックの原因と症状についてでした。

スポンサーリンク