自閉症 特徴 1 歳半

1 歳半の時の自閉症の特徴とは?

スポンサーリンク

今回は1 歳半の時の自閉症の特徴とは?というテーマで話していこうと思います。
自閉症には様々な特徴があります。
1 歳半の時の自閉症の特徴とはどんなものなのでしょうか?
あまりに小さい頃にはわからず、発見が早い人でも1歳半ぐらいの年齢が多いです。
確定診断は出来なくても、コミュニケーションの障害や言葉の障害の兆候がみられることがあります。
例えば、オウム返しの返答しかできなかったり、ママやパパなどといった身近な言葉が出てこなかったりする症状が出てきたりします。
コミュニケーションに関しては、あやしても無表情で全く笑わなかったり、視線が合わなかったりします。
自閉症は脳の一部の異常が原因で、目に入る情報が脳で上手く処理できないために、このような症状がでます。

スポンサーリンク

また、バイバイをしても、通常は手のひらを相手に向けてバイバイをしますが、自閉症の子は手のひらを自分の方に向けてバイバイをしたりします。
このような行動をとってしまうのは、相手と自分の区別が出来ていないためです。
相手と自分の区別ができないので、人見知りもしないことがあります。
他には行動の異常や欠如がみられます。
たとえば、他人と自分という区別ができないため、迷子になっても平気だったり、逆にお母さん意外には全くなつかなかったりして、周囲の人の反感をかったり、育てにくい子という目でみられてしまいます。
夜寝られずに、短時間で目を覚ましてしまう人や、感覚が異常を感じてしまうため、つま先で歩いたり同じ行動を繰り返してしまうことがあります。
このような1 歳半の時の自閉症の特徴を早期に発見することができれば、早期に適切な療養が受けられるようになります。
療養は健康児が受けても、全く外にはなりません。
このように1歳半より前から気づくことで、自分の不得意な部分を克服し、なるべく発達の偏りを治します。
二歳くらいになると比較的簡単に診断でき、四歳くらいには集団行動をとる機会が多くなりますので、その時にこの病気だと気づく場合もあります。
以上、1 歳半の時の自閉症の特徴とは?でした。

スポンサーリンク