自閉症 パニック 原因 対処法

自閉症のパニックの原因と対処法

スポンサーリンク

今回は自閉症のパニックの原因と対処法というテーマで話していこうと思います。
自閉症のパニックの原因と対処法はどんなものがあるのでしょうか?みていきましょう。
自閉症とは生まれ持った、先天性の脳の障害のであることは解かっているのですが、まだまだ詳しく解明されていない障害となっています。
症状で、子供の場合は、パニックを起こしたり、大声を出したり、怒り始めたり、突然泣いたりすることが多くあります。
このような症状を見て、一般の方は、親の育て方が悪いというような一方的な間違った認識をしている人が多く存在しています。
自閉症は生まれ持った脳の障害で、情報処理能力の障害でありますので、親や家庭環境に問題があるということではありません。
その症状の中でも、今回はパニックについて触れますが、その原因となっているのが、我慢を強要されるということです。
通常は、自分の嫌なことや断りたいことがあれば、相手に伝えることができますが、自閉症の子はそれがなかなかできずに、我慢をしてしまうのです。

スポンサーリンク

我慢をすることは必要な時もありますが、しなくて良い我慢もあります。
また、他には急な予定の変更がストレスになってパニックを起こす場合もあります。
パニックの症状の他に、小さい頃から母親や他人と視線を合わせようとしなかったり、同年代の子や他人に興味を示さなかったりするので、1人遊びが多くなって、何かに没頭している場合があり、集団行動は難しいです。
周りの人はある意味視界に入っていないことがあり、周りの流れに乗れず、動きが止まって回りに迷惑をかけたりします。
このような時は周りの先生やお友達が声をかけてくれると、集団の中にいても安心をするので、パニック症状も出ない場合があります。
症状が出てしまった時の対処法ですが、このようにパニックになっていると興奮していることが多いので、まずは1人にしてあげて、落ち着ける環境に身をおくことです。
また深呼吸を促したり、水を飲ませたりするのも良いでしょう。
以上、自閉症のパニックの原因と対処法についてでした。

スポンサーリンク