自閉症 パニック 薬

自閉症でパニックを起こした際の薬について

スポンサーリンク

今回は自閉症でパニックを起こした際の薬についてというテーマで話していこうと思います。
自閉症は先天性の脳の機能に異常の障害で、詳しい原因は未だに解明されていない病となっています。
この自閉症の特徴的な症状として、人と目を合わせない、パニック、強いこだわり、コミュニケーションが苦手、対人関係を上手に築けない、などが挙げられます。
また、見た目は定型発達の人と変わらないため、障害があると気づかれず、行動に不思議さを感じたり、変わっているなという印象を与えます。
またそのまま気づかず大人になるケースもあるようです。
そして、周囲が一番困惑するのがパニック症状です。
発症の引き金は、怒られた、大きな音が聞こえる、予定が変更になった、自分のやりたい事を否定されたり制御されることです。
そうすると、暴力をふるったり、人に物を投げたり、刃物で相手を傷つけたり、壁に頭を打ち付けたり、大きな声を出してパニックを起こします。

スポンサーリンク

自閉症のパニックを症状を減らすためには、まずは周りの環境を整えていく必要があります。
たとえば、理解をして優しく接する、色々と無理なことをさせない、苦手な大きな音がする場所には連れて行かない。
等の対策を行うことによって、パニックの発症頻度を減らすことができます。
しかしこのような対処をしても、パニックを起こしてしまうことはあります。
その時は周りの人はどうしてもビックリしてしまうでしょう。
そして、パニックの頻度が多く、周りに危害を加えてしまう可能性が高い場合は、薬を使用してコントロールする必要があります。
この場合に使用する薬は、精神的な不安を取り除いたり抑えたりするために、精神安定剤や抗うつ剤を使用します。
まずは少量を服用して、反応や効果を観察しながら、それを医師に伝え、回数や量を決めていきましょう。
そして自閉症の人は薬を嫌う傾向があり、飲ますのに苦労をするかもしれませんが、ゼリーやヨーグルトに混ぜたり、好きな飲み物と一緒に摂取するなどの工夫が必要です。
以上、自閉症でパニックを起こした際の薬についてでした。

スポンサーリンク