自閉症 特徴 大人 仕事

大人の自閉症の特徴や仕事の対処法

スポンサーリンク

今回は大人の自閉症の特徴や仕事の対処法というテーマで話していこうと思います。
近年、医療の発達やメディアで取り上げられることが多いからか、大人の自閉症の方が目立つようになってきました。
自閉症とは、脳に生まれつきの障害があり、神経の発達に問題があり、他人とのコミュニケーションをとるのが困難だったり、社会性に問題があることが多い障害となっています。
先天性の障害で、脳の活動が正常に働かず、その症状は三歳前ぐらいから顕著にあわれはじめ、一生この病と付き合っていかなければいけない病気となっています。
また、多くの人は子供時代に障害があると分かりますが、大人になって気づく場合もあります。
自閉症の特徴としては、やるべき事をついつい忘れて期限を過ぎてしまったり、場の空気が読めず周りを困らせたり、片付けができず衛生面に問題があったり、落ち着きがなかったり、表現が上手くできずすぐに怒り出したり、仕事上のミスが多いなどの特徴があります。

スポンサーリンク

大人になってからは、小さい頃以上にコミュニケーションは大切になりますので、コミュニケーションがとれないと非常に問題が発生しやすくなります。
自らが病気の特徴を把握して、周囲にも伝えることによって、サポートを受けられるようになり、仕事や人間関係がスムーズになる場合もあります。
特徴の一つに、想像力の欠如というものがあり、抽象的な話や想像力を必要とする会話や仕事は向きません。
相手の感情や気持ちなども察することが苦手で、いつのまにか相手を傷つけていることもあります。
なので、相手は悪気はないので、嫌なことは嫌とハッキリと伝えてもらいましょう。
また、曖昧な表現をされるとパニックを起こしやすいので、指示を明確に出しましょう。
例えば予定外のことが起こるとパニックを起こして起こることがあるので、サプライズプレゼントをしても逆に驚いて嬉しくないものとなってしまう可能性がありますので注意しましょう。
また、感情のコントロールが難しく、溜め込んでしまうことが多いので、周りの人は上手にストレスを発散させてあげるように、フォローをすることで、ものがスムーズに運ぶでしょう。
以上、大人の自閉症の特徴や仕事の対処法についてでした。

スポンサーリンク