1歳 自閉症 チェック

1歳頃の自閉症のチェックポイント

スポンサーリンク

今回は1歳頃の自閉症のチェックポイントというテーマで話していこうと思います。
1歳頃の自閉症のチェックポイントにはどんなポイントがあるのでしょうか?みていきましょう。
自閉症という病気は、広汎性発達障害の一つとされています。
また、現在では広汎性発達障害のことを自閉症スペクトラムということが多くなっています。
これは詳しいことはまだまだ分かっていませんが、脳の器質的な異常が障害となって現われているとされています。
具体的な特徴は、常同運動、無関心、コミュニケーション能力の欠如などが挙げられます。
自閉症という言葉自体あまり知られていませんでしたが、近年はだいぶ認知度も上がってきました。
しかし昔はこのような病気があること自体認識されていなかったので、なのでちょっと変わった子として扱われたり、親の育て方が悪いなどといわれてしまうこともしばしばあったそうです。
現在でもこのように扱われたり、嫌味を言われたりすることもあるそうです。
しかし、学校や社会でこの自閉症に対しての理解が深まってきたのか、専門のカウンセラーの人が学校にいたり、施設を利用して改善のためのトレーニングが受けられるようになっているところが多いです。
そして適切なトレーニングをすれば、自分で自分をコントロールする能力がつくようになります。
これらは療育といわれます。

スポンサーリンク

この療育をしっかりと受けることで、将来自立した生活を送れるようになる期待が高まります。
また自閉症のケアは、早期発見、早期療育が大事になります。
そのため保護者の気づきがその子の人生を大きく左右するとも言えます。
それではチェックするポイントをお伝えさせていただきます。
まずこの障害は1歳〜1歳半ぐらいの間できづくことが多いです。
なぜなら、保護者が子供に声をかけても反応しないということがあるからです。
この病気の症状の特徴は、人に無関心であったりコミュニケーションの欠如なので、たとえ親しい人でも上手く人間関係を築くことができません。
ですから友達などはできにくい傾向にあります。
また、音などには敏感であることが多く、耳をふさぐ行為などをしたら注意が必要です。
1歳〜1歳半ぐらいの間にこのようなことをチェックして、もし疑わしい場合は病院で検査を受けた方が良いでしょう。
そして、療育では自分の感情や行動をコントロールする方法を身につけるトレーニングを実施していたりします。
また改善がされれば就職をすることもできる場合があります。
時に一般の人より高い能力を発揮する人も中にはいます。
それぞれの得意なことや好きなこと、興味のある分野を経験させてあげるのが一番でしょう。
以上、1歳頃の自閉症のチェックポイントについてでした。

スポンサーリンク