自閉症 女の子 確率

自閉症の女の子が生まれる確率は?

スポンサーリンク

今回は自閉症の女の子が生まれる確率は?というテーマで話していこうと思います。
一体、自閉症の女の子が生まれる確率はどのくらいなのでしょうか?みていきましょう。
自閉症という病気は、生まれながらにして発症をしてしまう先天性の病気です。
ですから、胃潰瘍や骨折とは違い、生まれてから発症するということはなく、生まれた時にはすでに自閉症という障害をもって生まれてくるのです。
そして、女の子でもこの病気は発症することは解かっています。
しかし、ある研究結果によると、男性より女性の方が発症率は著しく低いのです。
ですので、自閉症の多くは男性であるということが言えます。

スポンサーリンク

この調査は国レベルのものですので、信憑性は高くなっています。
まだまだ具体的なものは解明されていなかったりしますが、脳やホルモンが関係していると考えられています。
そのため、遺伝的要因の可能性が非常に高く、男女比でみると、女性の割合は1/10程度なので、圧倒的に男性の方が自閉症は多いことが言えます。
ときどき女性も発症しますが、これは本当に稀なケースです。
理由は先程も述べましたが、遺伝子の要因が大きいでしょう。
ですので、女の子のデータはそこまでなく、男の子の自閉症の特徴と少し違う部分があるかもしれません。
そしてその原因として、母親か父親の遺伝子に何かしらの原因があったり、遺伝子の突然変異などの理由も考えられます。
妊娠から出生するまでの成長過程で、なんらかの問題が生じ、自閉症が発症することが考えられています。
妊娠中は飲酒や煙草は退治に悪影響を及ぼしやすく、自閉症などの障害を発症するリスクが高まってしまいますので、妊娠中はなるべく控えることをオススメします。
以上、自閉症の女の子が生まれる確率は?についてでした。

スポンサーリンク