自閉症スペクトラム 幼児 対応

自閉症スペクトラムの幼児の対応

スポンサーリンク

今回は自閉症スペクトラムの幼児の対応というテーマで話していこうと思います。
自閉症スペクトラムとはコミュニケーション能力に障害があったり、想像力が欠乏していて相手を傷つけてしまったり、強いこだわりをもっていたりするという特徴があります。
また昔は広汎性発達障害とも呼ばれていました。
このような障害をもっている人達は、定型発達の人達とはずいぶん異なります。
たとえば、痛みに対して鈍感であったり、逆に感覚がかなり鋭かったりします。
他にも音や光にも敏感であることがあり、その刺激が次々と押し寄せてきて、その感覚に耐え切れなくなると、突然パニックを起こしてしまうこともあります。
この反応は定型発達の人にはありませんし、理解しがたい反応だと思います。

スポンサーリンク

幼児にもこのような症状が起こることもあり、このような症状に上手く対応できないと、幼児の症状は悪化したり、悪い方向に進んでいってしまうでしょう。
ですので、周りの人は正しい知識を身に付け、その子が正しい方向へ成長していけるように学んでいきましょう。
自閉症スペクトラムの幼児に対する正しい対応とは、まずは好ましい環境にしてあげることが重要です。
では自閉症スペクトラムの幼児が好む環境とはどのような環境なのでしょうか?
それは、時間に追われないゆっくりとした時間が流れている場所や刺激の少ない落ち着いた場所、あとはなにをすれば良いかが解かっている解かりやすい環境が挙げられます。
スケジュールが毎日決まっているルーティンワークを好みます。
手順が解かっていて、それを繰り返すことを好むのです。
なので、逆に自由にして良い時間が苦手なのです。
何をしたら良いかわからなくなってしまうのです。
ですので、自閉症スペクトラムの幼児に対する対応は、先にスケジュールややることを決めておくことです。
そうすることで、なにをしたら良いのかわからないという状況にも陥りませんし、パニックも起こしにくくなります。
以上、自閉症スペクトラムの幼児の対応についてでした。

スポンサーリンク