自閉症 パニック 対処法

自閉症のパニックの対処法

スポンサーリンク

今回は自閉症のパニックの対処法というテーマで話していこうと思います。
自閉症とは生まれつきの脳の障害であります。
しかし未だに詳しく解明されていない障害の一つです。
解かっていることは先天性の病気であることです。
自閉症の人は、いきなり大声を出して怒ったり、突然泣いたりします。
そして時にパニックを起こしてしまうことがあります。
自閉症の一つの症状にもかかわらず、この症状が出てしまうのはしょうがないのですが、親のしつけが悪いなどと謝った考え方をしている人が多く、親は孤独に陥りがちです。
自閉症は脳内の情報処理能力に問題があり、決して育て方が悪かったり家庭環境が悪いせいではありません。
そしてパニックが起こる要因として、いろいろありますが中でも多い理由として我慢を強要されることが挙げられます。

スポンサーリンク

通常であれば、嫌なことをされたり頼まれたりすれば断ることも可能ですが、自閉症の人は相手に思いを伝えることが苦手なので、伝えることができず、そのストレスを溜めて我慢してしまい、我慢しきれなくなった時にパニックが起こってしまうのです。
また、予想していなかった出来事が起こるとパニックを起こすときもあります。
たとえば突然声をかけられたり、予定の変更があるとパニックを起こしやすいです。
自閉症の特徴として、母親や他の人でも目を合わせることをしません。
同年代の子供に対しても興味を示さなかったりするので1人遊びをしたり何かに没頭していることが多いです。
ですので、集団行動は苦手です。
どうしても集団行動をとらないといけないときは、周りの人や先生が声をかけてあげて一緒に行動してあげると安心感が生まれるからか、上手におくることができます。
パニックの症状が出てきたときの対処法は、気が舞っていて興奮状態なので、できれば1人で安心できるような環境を提供してあげることが重要です。
そして水を飲んでもらったり深呼吸をすると良いでしょう。
パニックになるときは何かしらの不安がありますので、その不安を取り除いてあげることで、パニックは治まりやすいでしょう。
以上、自閉症のパニックの対処法についてでした。

スポンサーリンク