重度 自閉症 症状 特徴

重度自閉症の症状と特徴とは?

スポンサーリンク

今回は重度自閉症の症状と特徴とは?というテーマで話していこうと思います。
自閉症の程度によって、特徴や症状は変わってきます。
障害が比較的軽い場合は、基本的に身の回りのことはある程度行うことが出来ます。
スローペースですが成長していきます。
しかし言葉を話す能力にやや難を抱えるケースがあります。
やや重度の自閉症の場合は、日常生活の動作、たとえばトイレや食事が困難になるのが特徴です。
重症自閉症の場合は知能の発達が著しく遅れるのが特徴で、家庭での生活が極めて難しいくなってしまうのも特徴です。
見た目は健常者と同じなので、外見と行動が一致せず、見た目とのギャップに苦しむ重度自閉症の方も少なくありません。
自身での生活が困難な場合には様々なサポートがあります。

スポンサーリンク

トイレや食事、お風呂の入り方など身近な動作から忍耐強く教えていくことが一つのポイントになります。
重度の自閉症の場合、寝たきりになってしまうケースもあります。
自閉症が疑われる方には、現在様々なテストがあります。
特徴などを挙げたチェックリストがありますので、それを一つ一つやっていくのが通常のテストとしてあります。
簡単な質問に答えるだけで、おおまかな状態を知ることが出来ます。
障害の程度に関わらず、一見自閉症だと分からないことが多いので、このようなテストは非常に役立ちます。
通常この障害は三歳くらいまでには何かしらの兆候が現れてくると考えられています。
重度の自閉症場合はテストなどですぐに分かったりしますが、徐々に症状が現われてくるような場合には発見が遅れてしまうケースもあるので、それが問題だったりします。
なので、特に乳幼児のあたりから子供の成長に注意を向けることが重要です。
自閉症でも現在は軽度の場合には将来の点について悲観しなくても大丈夫な場合が多いです。
以上、重度自閉症の症状と特徴とは?についてでした。

スポンサーリンク