自閉症 特徴 5歳

5歳児自閉症の特徴とは?

スポンサーリンク

今回は5歳自閉症の特徴とは?というテーマで話していこうと思います。
子供に不可解な部分があり、今まではちゃんと向き合ってこなかったけど、やっぱりなんかおかしい、、、
そう思っている方、いるのではないでしょうか?
今回は5歳自閉症の特徴について話していきます。
1、『身体的特徴』
たとえば、歩くことに関しては定型発達の子と同じぐらいの能力はありますが、バランス感覚については、定型発達の子と比べて、上手くバランスがとれないことが多いです。
このようなことから、ブランコの立ちこぎのような少し高度な行動ができない子が多いです。
また手先の動きに関しても、問題がある場合があります。
もちろん定型発達の子と同じように、手先に問題のない子もいますが、多くの場合は手先が非常に不器用であることが多いです。
なので、食事などの箸の使い方だったり、裁縫などの細かい作業ができない場合があります。

スポンサーリンク

2、『言語の特徴』
自閉症の中でも知的障害がある子ない子がいます。
知的障害をもっている子の場合は言葉の遅れがあります。
また知的障害をもっていなくても、言葉の使い方がおかしかったり、変に大人じみていたりします。
3、『感情の特徴』
自閉症の子は感情の発達が未発達で、感情のコントロールが苦手な子が多いです。
すぐに怒ったり、一度感情が乱れると冷静になるまでかなりの時間を要することがあります。
4、『社会性の特徴』
社会性を理解するのがなかなか難しく、マナーやモラル、ルールなどの抽象的なものが苦手です。
なので、学校などでも具体的に指示をしてもらわないと行動に移せない子も多いです。
また他人とかかわることも苦手だったり、興味がなかったりするので、友達がなかなかできないケースがあります。
食事も1人でしたりと協調性に欠けます。
5、『知能の特徴』
知的障害が無い場合は、定型発達の子供と同じような発達になりますが、知的障害がある場合は、年齢相応には発達しません。
同じ自閉症だとしても程度や発達の仕方はバラバラなのです。
以上、5歳児自閉症の特徴とは?についてでした。

スポンサーリンク