折れ線型 自閉症 原因

折れ線型自閉症とは?その原因と特徴について

スポンサーリンク

今回は折れ線型自閉症とは?その原因と特徴についてというテーマで話していこうと思います。
あなたは折れ線型自閉症というものをご存知でしょうか?
そして折れ線型自閉症の原因と特徴についてもみていきましょう。
まず、折れ線型自閉症とは、自閉症の子が成長をしていく過程で言葉が退行してくるのが特徴です。
言葉の退行とは、今まで話してきた言葉が、徐々に出てこなくなってしまう症状なのです。
たとえば、『まんま』『ジュース』などの言葉を発していた子供が、このような単語も徐々に出てこなくなってしまうのです。
それまでできていたことができなくなってしまうので、親など周りの人のショックは大きいものがあります。
その原因は成長過程に問題があるだけで、定型発達の子と同じじゃないかと思う人もいますが、これは自閉症の症状の一つで、原因は脳の障害で先天性の障害になります。

スポンサーリンク

折れ線型自閉症の特徴のほかには、自分の手で物を掴もうとせずに、他人の手を持っていって物を掴ませようとする『クレーン現象』というものがみられたり、ジャスチャーが少なかったり、手のひらを自分の方に向けてバイバイをするような『逆手バイバイ』をするのが特徴です。
折れ線型自閉症は言葉の退行によって、障害が発覚することが多く、だいたい二歳前後での発覚が多いようです。
他に発覚するポイントとして、言葉の発達が遅かったり、年齢相応のコミュニケーションがとれないことで、障害が発覚することがあるようです。
他には独り言やオウム返しをすることでもわかったりするようです。
折れ線型自閉症はあまり聞き慣れないと思いますが、自閉症のうちの約三割の子がこのタイプであるようです。
二歳頃までは普通の子として接してきただけに、精神的ショックは大きいようです。
また障害児ということを受け入れられない親の方も多いようで、療育機関の利用やサポートの充実が求められます。
以上、折れ線型自閉症とは?その原因と特徴についてでした。

スポンサーリンク