自閉症 遺伝 父親

自閉症は父親や母親から遺伝するのか?

スポンサーリンク

今回は自閉症は父親や母親から遺伝するのか?というテーマで話していこうと思います。
さて、自閉症は父親や母親から遺伝するのでしょうか?では早速みていきましょう。
自閉症は近年増えている発達障害となっています。
その原因として、父親や母親の遺伝が関係しているのではないかという説もあります。
遺伝が関係しているのであれば、家族の中に自閉症の人がいたり、これからうまれてくる子が自閉症である可能性が高くなるはずですよね。
海外でも研究はされていて、遺伝子の異常から自閉症になるという見解があがっています。
しかし、その遺伝子の異常によって全ての症状が説明できるわけではないようです。
なので、まだはっきりしたことは解かっていないのです。

スポンサーリンク

また日本でも研究は行われていますが、遺伝の可能性はあるというぐらいで、またはっきりしたことは解明されておらず、予測の段階を脱していません。
しかし、長男長女が自閉症である場合、その兄妹に自閉症が発症する確立は約二倍になるそうです。
その結果から考えると、やはり遺伝が関係ないということは考えづらいでしょう。
また、父親が高齢である場合、その子供は自閉症になる可能性が高いという報告もあります。
父親が30歳未満の人と比べると、約6倍の発症率と言われています。
また母親が高齢であっても多少の影響はあるとされていますが、目立った影響はないとされています。
ある研究では特定の遺伝子が影響を及ぼすのではなく、様々な因子が影響しあって発症するのではないか?という説もあります。
たとえば、一卵性の双子でも片方はガンになるが、片方はガンにならないといった具合です。
遺伝子がどの程度影響を与えるのかは研究段階であり、はっきり解明されていないのが現状です。
以上、自閉症は父親や母親から遺伝するのか?についてでした。

スポンサーリンク