重度自閉症 赤ちゃん

重度自閉症の赤ちゃんについて

スポンサーリンク

今回は重度自閉症の赤ちゃんについてというテーマで話していこうと思います。
自閉症が発生する詳しい原因は解明されていませんが、生活環境や精神的なストレスなどの後天的なものが原因ではなく、脳の機能に異常があり先天性の障害であることは解かっています。
そしてこの自閉症には軽度〜重度の方までいます。
症状が軽度であれば知的能力もほとんど問題はみられず、逆に定型発達の人より記憶力が高いといった特徴のある子もいます。
ですので、自閉症でも一人一人症状の強さや特徴が変わってきます。
そして、重度な場合は、基本的な特徴に加え、ダウン症や知的障害を併発している場合もあり、日常生活の援助が必要です。

スポンサーリンク

多くの場合、だいたいコミュニケーションがとれるようになってくる三歳くらいまでには気づかれることが多いですが、軽度の場合は自分も割りも気づかず、一生そのまま過ごすケースも珍しくありません。
そして重度自閉症の赤ちゃんの場合は、後追いをしない、抱っこを嫌がる、奇声をあげる、音に敏感、呼びかけを無視、目が合わないといった特徴が寄り強く現れます。
そして定型発達の人よりも知能が遅れることがあり、なかなか言葉を発しなかったり、なかには全く言葉を発しないケースもあります。
しかしこのような症状や特徴がみられたとしても赤ちゃんに対する検査はなく、多くの場合三歳までは経過観察することが多く、三歳になって検査を行って、そこで初めて診断されることがあります。
しかし、その三歳までに自閉症の気がある場合は、早めに療育を行うことで、症状や特徴を大きく改善することができるのです。
きちっとして療育がうけられるのは三歳ごろからですが、医師と相談しながら御自身で療育を進めていくことは可能です。
以上、重度自閉症の赤ちゃんについてでした。

スポンサーリンク