自閉症 症状 小学生

小学生の時に現われやすい自閉症の症状とは?

スポンサーリンク

今回は小学生の時に現われやすい自閉症の症状とは?というテーマで話していこうと思います。
自閉症とは先天性の病気で、生まれながらにして持っている病気です。
これは主に染色体の異常と考えられていますが、今だに詳しく解明されてないのが現状です。
小学生の自閉症の症状として有名な異常行動は、周の子達と一緒の行動がとれないということです。
小学校の時期というのは集団行動を身につける時期でもあります。
しかし自閉症の子にとっては長時間の集団行動はかなりの苦痛を伴います。
知的障害には入りませんが、一つのものに対して興味をもつと周囲のことを理解することが困難になります。
子供同士は仲良くなって友達を作っていきますが、そしてその一歩として話しかけますが、話しかけられると集中して行っていたことが中断してしまいます。
そういったことは嫌います。

スポンサーリンク

このように、自閉症の子供にとっては無意識に反発してしまうのです。
このような反応や行動も定型発達の子達からしたら、驚くことばかりかもしれません。
ですので、周りにいる人達にはあらかじめ、説明をして、刺激を与えないようにするのが良いでしょう。
自閉症の子は独特の雰囲気や世界観を持っています。
これは現実の世界と夢の世界との区別があなりできないという裏づけにもなっています。
小学生での症状で一番多いのは集中力の乱れです。
興味があることは何時間でもやっていることが多いので、その長けている部分の能力を高めてあげることが今後の生活にもかかっています。
見た目は定型発達のことそんなに大差はなく、解からないときが多いようです。
そして、他人とのコミュニケーションを自ら好んでとらないため、大人しい子としてみられることが多いでしょう。
また、脳の機能のせいで、感情のコントロールが苦手な子が多いようです。
上手く自閉症の特徴を掴んで、ストレスが比較的かからないような生活を送っていきましょう。
以上、小学生の時に現われやすい自閉症の症状とは?についてでした。

スポンサーリンク