自閉症 くるくる回る

自閉症の子がくるくる回る理由

スポンサーリンク

今回は自閉症の子がくるくる回る理由というテーマについて話していこうと思います。
自閉症の人達は時に、周りの人達には不可解に思える動作をすることがあります。
幼い自閉症の子であれば、いつもはいない時間帯にお父さんがいると突然怒り出したり、電車やバスには決まった場所にしか座らなかったり、いつも同じ場所にか靴を置かなかったり、おもちゃの自動車を綺麗に並べないと気がすまない。
などの行動を示します。
また、特に幼い自閉症の子は常同行動を繰り返します。
常同行動とは、スキップのような飛び跳ねるような歩行をする子もいれば、手のひらをひらひらさせたり、今回のテーマにもなっていますがくるくる回りだす子もいます。
しかし、このような常同行動をする理由はハッキリとわかっていないのが現状です。
自閉症や発達障害のある子供がこのような動作を繰り返すのはとても不思議ですよね。

スポンサーリンク

これは脳の気質が定型発達の人とは少し違うことが理由として考えられます。
さらに他の可能性として、感覚鈍磨が影響しているのではないかと言われています。
自閉症の子は基本的に感覚が敏感の子も多いのですが、感覚が鈍い人もいます。
ですから、いくらくるくる回っても目が回らないという感覚の持ち主である可能性が考えられます。
そのため、くるくる回ることに対して不快感はなく、寧ろ気分が良いときにこのような動作をしているのではないかと考えられます。
自閉症の人に繰り返す理由を聞いても本人もよく分かっていないことが多く、理由はないけど飛び跳ねてしまったり、手のひらをひらひらさせたり、急にくるくる回りだしたりしてしまうのです。
そしてやはりこのような常同行動は気分が良いとき、リラックスしている時に発動することが多いようです。
なので、このような動作をした場合は気分が良い証拠だと思っておくと良いでしょう。
以上、自閉症の子がくるくる回る理由についてでした。

スポンサーリンク