自閉症 大人になったら

自閉症、大人になったらどう生活するの?

スポンサーリンク

今回は自閉症、大人になったらどう生活するの?というテーマで話していこうと思います。
自閉症は現在は自閉症スペクトラム(広義)の中の一つで、脳の器質的な障害で先天性の病気になります。
三歳までに、対人関係・コミュニケーション・想像性(ウイングの三つ組み)に問題が現われた場合に自閉症と診断されます。
知的障害がなく、症状が軽い場合は気づかないで大人になり、そこで初めて診断をされることも珍しくありません。
小さい頃に自閉症と診断され、療育を受けた子は、自閉症の症状が弱まったり、生き辛さが軽減されたりしますが、基本的に一般の病気とは異なり、完治するということはありません。
長期間何かしらの支援を必要とすることがほとんどです。
しかし、その必要の程度は、個々の能力の違いや症状の程度によっても変わってきます。
では、自閉症の人が大人になったらどう生活するのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

1、就労する
知的障害を持っている人は、義務教育が終わると多くの人が特別支援学校の高等部に進学をし、社会参加を目指して教育を受けます。
そして、能力や本人の希望によって、一般就労、障碍者枠のある企業、福祉的就労(就労継続支援A型、B型)に就きます。
知的障害がない人は、定型発達の人達と同じように、高校、大学へと進学して、一般就労を目指します。
2、福祉サービスの利用
知的障害や、自閉症の症状が重度の場合、社会参加が難しい場合があります。
そのような場合は、自宅にひきこもりっきりにならないためにも、、その人ができることは参加し、できない部分はデイサービスなどの支援を受けて、日中はなるべく外で過ごすようにします。
3、福祉施設の利用
子供が成長するにつれ、当然親も歳をとります。
そうなると在宅での生活もなかなか難しくなってくるので、そのような場合は、福祉施設(グループホーム)での生活に切り替える必要があります。
4、在宅
中には、施設での生活も難しい場合もあります。
例えば、幼少期の人間関係で傷ついて引きこもり状態になってしまった場合です。
この場合は完全に家での生活にするのではなく、なるべく施設を利用した生活を目指すようにします。
しかし、このような社会参加が必ずしもその子の幸福には直結しないということです。
ですので、その子にあった生き方の提示だったり、その子のやりたいことをさせてあげることを意識して、温かく見守っていきましょう。

以上、自閉症、大人になったらどう生活するの?についてでした。

スポンサーリンク