自閉症 原因 妊娠中

自閉症の原因は妊娠中にある?

スポンサーリンク

今回は自閉症の原因は妊娠中にある?というテーマについて話していこうと思います。
自閉症とは脳の機能が健常者とは異なっています。
これは後天的なものではなく、生まれつきのものなので先天的な発達障害とされています。
脳の機能に異常があるということは分かってきましたが、それ以上詳しいことが分かっていないというのが現状です。
しかし生まれつきということは、受精から出生までの間に、何かしらの原因があることが考えられます。
ですから自閉症の原因は妊娠中である可能性はあるのです。
遺伝子によるものなのか?それとも妊娠してからの母親の生活の送り方が問題なのか?
このあたりもまだ、推測の段階なので、詳しいことは分かっていません。
しかし自閉症になるリスクが高くなる原因は妊娠中にもいくつかありますので、それを挙げていこうと思います。

スポンサーリンク

1、活性酸素
妊娠中の赤ちゃんが活性酵素に多くさらされて脳の神経が破壊されてしまい、自閉症になるリスクが高くなるという説があります。
脳が作られ始める胎児の時期からすでに障害が発生しているのではないか?という考え方です。
2、喫煙
親が妊娠中に煙草を吸っていると、自閉症になる確率は1.4倍以上にもなるようです。
これも自閉症になる一つの原因として考えられます。
3、飲酒
妊娠中にお酒を飲むと大量の活性酵素が発生するので、それが胎児に間接的に脳に影響して自閉症の原因になっているのではないか?いう説です。
4、食事
妊娠中の母親の食事のバランスが自閉症の原因ではないか?という説です。
自閉症の子の中には、ビタミンやミネラルが不足している子がいるようです。
5、妊娠の時期
これはイギリスの研究なのですが、夏に妊娠すると、秋に妊娠をした場合と比べて、自閉症の発症のリスクが二倍になるという報告もあります。
6、感染症
妊娠中の母親がなんらかの感染症にかかることによって、自閉症のリスクが高まるのではないか?という説です。
またその時に使った薬品が原因なのではないか?と考えられています。

以上六つ挙げてきましたが、他にも妊娠中のストレスや肥満が自閉症の原因になっている可能性もあります。
大切なのは以上挙げた点に気をつけていただいて、予防する意識が大切だと思いますので、妊娠中の方は特に気をつけて生活してみて下さい。
以上、自閉症の原因は妊娠中にある?とい話でした。

スポンサーリンク