一歳 自閉症 チェック

一歳頃の自閉症のチェックすべきポイント

スポンサーリンク

今回は一歳頃の自閉症のチェックすべきポイントというテーマで話していこうと思います。
自閉症は、広汎性発達障害、最近では自閉症スペクトラムという大きいくくりの中の一つとされています。
その自閉症の症状は、小さいことからわかるようです。
未だに発生のメカニズムなどは不明な点が多いこの病気ですが、先天性のもので、脳の器質的な問題ではないかと考えられています。
特徴として、常同運動や無関心、コミュニケーションの能力の低下が挙げられます。
自閉症という言葉自体、数十年前まで認知されていない病気でした。
ですので、育てにくい子、変わった子として捉えられることが多かったのです。
しかし最近では、この自閉症に対して、周囲の理解が深まりつつあります。
そうしたこともあって、学校にもそのような専門の教室があったり、専門の施設等があり、そこでケアを受けたりトレーニングをしているところもあります。
そして、適切なサポートを受ければ、ある程度コントロールすることができるようになってきます。

スポンサーリンク

なので、将来を心配する必要がないような日常生活を送れるようになることが多くなってきているようです。
しかし、自閉症の人も早期発見が大切になってきます。
やはり早いうちからトレーニングはした方が、『気づき』が早いようです。
そして、自閉症のチェックすべきポイントですが、一歳頃からわかるようになってくるようです。
まずは、親などの保護者からの声かけに反応するかがポイントになります。
この病気は無関心という特徴がありますので、声かけに反応しない場合はこの特徴に当てはまります。
親だけではなく友達の声かけにも反応は無かったり、あっても薄い特徴があります。
また音には敏感なことが多く、耳を塞ぐような動作が多い場合は要注意です。
このような特徴がみられたら、専門機関や施設を訪ねるのが良いでしょう。
早いうちから行って、行動や感情をコントロールするようなトレーニングを受ければ、改善の見込みがあります。
自閉症の子は自分の興味ある分野は能力が高い傾向がありますので、それを活かせる様なお仕事に就くと能力を発揮できて、イキイキと生活することができるでしょう。
以上、一歳頃の自閉症のチェックすべきポイントについてでした。

スポンサーリンク