自閉症 特徴 4歳

自閉症の特徴は4歳頃に分かってくる?

スポンサーリンク

今回は自閉症の特徴は4歳頃に分かってくる?というテーマで話していこうと思います。
自閉症の特徴は4歳頃に分かってくるのでしょうか?早速みていきましょう。
自閉症は、先天性の生まれつきの脳の障害です。
文字から、心を閉ざしている病気かと思われがちで、とても誤解をうけやすい病気となっています。
家にいるからといって、引きこもりやニートとはまったく別のものであり、感情の病気でもありません。
また、後天的な環境の問題や親の愛情不足が問題でもありません。
まだまだ理化されていないし、解明されていないのが現状です。
自閉症の子でも、様々な子がいます。
しかし、その多くはコミュニケーションが苦手で、深い人間関係を築くのが苦手で、興味が偏っていたり、同じような動作を続けたり、こだわりが強かったりします。

スポンサーリンク

対人関係では、人に関心がなかったり、名前を呼んでも反応がなかったり、視線を合わせないというような特徴があります。
ある意味マイペースで、すぐにどこかへ走ってしまったりするので、迷子等は心配の種かもしれません。
あまり人見知りなどはなく、誰にでもなれなれしかったり、会話を一方的にしてしまうような特徴もある子もいます。
物をとってもらうときは、指を指してとってもらうのではなく、直接誰かの手を引っ張って行ってとってもらおうとします。
言葉を話し始めても、テレビの言葉を繰り返したり、その場にそぐわない発言をしたりと、会話が成立しないときがみられます。
これらの症状が皆さんに当てはまるわけではなく、診断を受けても、オウム返しのような発言をしなかったり、視線を合わせてくる子もいたりします。
一般的には3歳くらいに診断されることが多く、4歳くらいまでには自閉症の特徴が明確になってくるケースが多いでしょう。
特に4歳頃になると、保育園や幼稚園などに通いだし、集団生活をする機会が多くなる時期ですね。
集団生活をすると、より特徴がはっきり見えてくるので、この頃に定型発達の人との違いに気づくケースが多いようです。
また、自閉症の子が通うような施設もありますので、探してみてはいかがでしょうか?
以上、自閉症の特徴は4歳頃に分かってくる?についてでした。

スポンサーリンク