自閉症 原因 父親

自閉症の原因は父親なのか?

スポンサーリンク

今回は自閉症の原因は父親なのか?というテーマで話していこうと思います。
結論から言うと、今現在、自閉症の原因でこれといった確定的なものは見つかっていません。
少し前に言われていた、『冷徹な母親に育てられた』という、後天的な要因は全くなく、脳の気質的な問題の先天性のものということは解明されています。
そして自閉症の原因は父親なのか?ということですが、あるとすれば考えられるのは遺伝子情報です。
遺伝子情報が父親や母親から子供に正確に伝わらない場合に遺伝子疾患や先天性の障害を持つことがあります。
遺伝子情報は膨大な量があり、伝達のミスが起こってもおかしくはありません。
そしてそれが脳の部分であれば、自閉症のような脳に障害がある子が生まれてしまうのです。
ほんの少し遺伝子情報の伝達が間違ってしまうだけで、自閉症になることがあるのです。
いずれにせよ、自閉症の解明が急がれています。

スポンサーリンク

また、遺伝子情報の伝達のミスの原因として、生殖機能の低下が挙げられます。
生殖機能の低下というと男性も女性も、老化とともに起こってきます。
これは自然な摂理です。
父親が高齢であっても健康な子供も産まれますが、やはり可能性としては低くなります。
しかし年齢による大差はありませんので、過度に心配する必要はありません。
では、父親ができることはあるのでしょうか?
もちろん父親が若ければそのようなリスクは減りますが、それだけではありません。
アルコールや喫煙をしていれば、それが子供に影響します。
なので、できるだけ夫婦は健康に気をつけ、不安やストレスを溜めない生活を送ることが重要です。
奥さんが妊娠をしている時は、時に気を使ってあげて、不安を解消してあげたり、家事を手伝ったりしてあげて、少しでもストレスを減らしてあげることで、自閉症になるリスクを減らすことができるでしょう。
なので、原因が父親だけにあるということはありません。
以上、自閉症の原因は父親なのか?についてでした。

スポンサーリンク