逆さバイバイ 自閉症

逆さバイバイと自閉症の関係性

スポンサーリンク

今回は逆さバイバイと自閉症の関係性というテーマで話していこうと思います。
自閉症という障害であっても人によって多少症状が変わります。
自閉症の症状が軽度なものから重度なものまで、さらに他の発達障害、たとえば注意欠陥・多動性障害、アスペルガー症候群、学習障害などの障害をまとめて、自閉症スペクトラム障害と呼んだりすることがあります。
自閉症と思われる赤ちゃんの行動には様々な特徴がありますが、特に笑うことや寝ること、そしてバイバイをする行動にこの病気の特徴がみられることがあります。
この病気を持つ方は子供や大人関係なく、睡眠障害を持っていると考えられています。
睡眠障害は眠れないことを想像しがちですが、それもありますが、逆によく寝てしまう過眠で悩んでいる人もいらっしゃいます。
特にまだ小さい赤ちゃんは一日中寝てしまっていることもあります。
人に比べて、感覚が鋭かったりする特徴があるので、普通の人より疲れやすいということで、過眠になってしまうのではにかと考えられています。

スポンサーリンク

そして笑う、ということに関してですが、自閉症の子はあまり笑わないと言われることがあります。
しかし中には笑う子もいます。
笑うことは良いことなのですが、通常は親しい人には笑ったりしますが、自閉症の子は他人と親しい人や家族との区別ができないために、誰にでも笑ってしまう傾向があります。
そしてよく笑う子は、感情の起伏が激しかったり、誰にでも話しかけたり、いきなり泣き出したりします。
このような症例もありますので、笑わないイコール自閉症ということではないことを確認しておきます。
そして今回タイトルにもあるよう、逆さバイバイというものがあります。
これは手のひらを相手に向けてバイバイと振るのではなく、自分に向けてバイバイをするのです。
ただし、一歳ぐらいまでの子には逆さバイバイがみられる子もいるので、逆さバイバイをしたからといって自閉症ではありません。
しかし、ある程度成長してきているのに、まだ逆さバイバイをしている、または大きくなってようやくバイバイをするようになった場合は、発達障害の可能性がありますので、一度病院で診断を受けた方が良いのでしょう。
以上、逆さバイバイと自閉症の関係性についてでした。

スポンサーリンク