自閉症 男女比

自閉症に男女比はあるのか?

スポンサーリンク

今回は自閉症に男女比はあるのか?というテーマで話していこうと思います。
自閉症とは先天性の病気で、脳の発達に障害があり、特定の症状が起こるものをいいます。
その特定の症状とは、計画を立てることが苦手だったり、細かいことにこだわったり、同じ行動を繰り返したり、物をとってほしい時に指を指して示すのではなく、他人の手を掴んで要求したり、特定の感覚が鋭かったり鈍感だったり、あるモノに執着したり、目を合わせようとしなかったり、他人とコミュニケーションをとりたがらなかったり、明らかな言葉の遅れが挙げられます。
しかし、以上挙げた特徴が全員に当てはまるとは限りません。
その人によって、強く出たり弱く出たりします。
そして、この自閉症の男女比は4:1で男性に多いと言われていますが、実際のところ明確にはなっていません。
なぜ発症率が男性の方が多いのか?男女比に差があるのか?などの原因は未だに明確に解明されていません。

スポンサーリンク

しかし、遺伝子の異常で自閉症は発症するのではないかと言われています。
男性の方が多いと言われている自閉症ですが、ここ最近の見解では、実は男女比はそれほど差はないのではないか?とも言われるようになってきました。
なぜなら、前述にもありますが、自閉症の人には様々な特徴があり、どの特性が強いかは、その人によって違います。
また、特性が他の障害の症状の方が強く出ていると、他の病気を診断されてしまうケースもあります。
さらに、症状が軽度であったりすると、周りの大人や親は発達障害に気づかず、診断すら受けていない場合も珍しくありません。
以上のように、発達障害は診断をするための基準が曖昧であり、中には混合型の病気もあり、そのため分類することも非常に難しいです。
なので現状を正しく把握できていない可能性が高く、男女比も正確なものとはいえず、男性と女性の差はそんなにないのではないかと言われています。
また自閉症と診断されたとしても、その子の特徴をしっかりと把握してあげて、その子に合った行動を促してあげることによって、自閉症の特徴は目立たなくなります。
そして男女比があってもなくても、性別に関係なく、一人一人と向き合って接していくことが重要だと考えます。
以上、自閉症に男女比はあるのか?についてでした。

スポンサーリンク