赤ちゃん 自閉症 チェック

赤ちゃんの自閉症チェック

スポンサーリンク

今回は赤ちゃんの自閉症チェックについて話していこうと思います。
あなたはもしかして、自分のお子さんが、自閉症なのではないか?と悩んでいませんか?
今回はそんなあなたのために、赤ちゃんの自閉症チェックについて話していきます。
まず自閉症というのは、先天性の発達障害のことを指します。
障害があるために、脳が正常に機能しなく、耳や目から入ってきた情報を整理できなかったり、独特の解釈の仕方などをします。
この病気が発生する原因は、胎児の期間中に何かしらの影響があり、中枢神経の発達に異常をきたすことが原因と考えられています。
しかし、何が影響しているのかなど、まだ詳しいことは解明されていません。
家庭環境や育て方が悪いとかそういった後天性のものではありません。
ですから、むげに自身や子を責めないであげてください。
言わないだけで、自分も生き辛さ等を感じているかもしれません。
次は赤ちゃんの自閉症チェックについて話していきます。

スポンサーリンク

そしてその兆候は赤ちゃんの頃からありますので、普段の生活の中で、チェックすることをお勧めします。
しかし、赤ちゃんも一人一人成長スピード等違うので、一つの目安として考えて頂ければなと思います。
また、すでに相当気になっているようでしたら、小児科等の専門機関を受診し、しっかりと診断してもらった方が良いでしょう。
まず、三ヶ月頃に表れる兆候として、笑わない、抱っこが嫌い、目を合わせない、等の兆候が見られます。
健常な子は、普通はお母さんに抱っこ等をされると安心感がありますので、寝てしまったりするものですが、自閉症の子は抱っこしようとすると泣いてしまったり、笑わなかったり、目を合わせないという傾向が見られます。
これが一つ目の赤ちゃんの自閉症チェックになります。
次に六ヶ月頃になると、常に動いていて多動の傾向が出てきます。
抱っこされても落ち着きがなく、周りを見渡すような動作をします。
また、通常ですと、お母さんに抱っこを求めたりするのですが、自閉症の子はお母さんを追いかけるようなこともしません。
これが二つ目の赤ちゃんの自閉症チェックするポイントになります。
そして一歳頃になると、通常は親の真似をしたり、周囲への興味や関心を示すのですが、自閉症だと、親の真似をしなかったり、周囲への関心が低く、言葉を発しないということがあります。
これが三つ目の赤ちゃんの自閉症チェックになります。
ただしこれも前述しました通り、成長スピードは個人がありますので、少し様子をみた方がいいかもしれません。
しかし自閉症の症状が表れるのは三歳の頃なので、それまでは少し様子をみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク