自閉症 対策 奇声 偏食 オウム返し

自閉症対策 サイトの概要と説明

スポンサーリンク

サイトを訪問して頂き、ありがとうございます。
このサイトでは自閉症について話していきます。
以下、サイトの概要と説明になります。

 

自閉症とはいったいどんな病気なのでしょうか?
この病気は生まれつきでなるもので、いわいる先天的な要素がある疾患です。

 

字をみると『自ら閉ざす』と書くので、今までの経験や周囲とのコミュニケーションにトラウマがあり、それが原因で心を閉ざすようなイメージをされる方もいらっしゃるかもしれませんが、その類のものとは一線を引きます。
この自閉症の割合ですが、1000人のうちの約3人程度、3/1000ぐらいだと言われています。

 

このような数値は出ていますが、実際のところ、この病気には程度があり、軽度の人は健常者との見極めが難しく、ハッキリわからない人もいらっしゃいます。
その方達を含めると、100人に1人、1/100の確立で発症するようです。

 

決して少ない数や割合ではないことが数字をみればご理解いただけると思います。
現在、自閉症の発病メカニズムや詳細は解明されていないことも多いのですが、出生前の体内での、特に中枢神経系の発育中の問題が原因であると考えれています。
他にも免疫学、生物学、遺伝的要素が複雑に絡み合っているので、このあたりが問題を起こしている可能性も否定できません。

スポンサーリンク

そして次に、この自閉症の特徴について話していきます。

 

1、『言語発達の遅れ』
言葉を話し始めるタイミングが他の子と比べて遅かったり、または言葉を発しない子もいたりと、通常の発達スピードと比べると成長が極端に遅い傾向がみられます。
言葉を発したとしても、全く意味のない言葉を発したり、普通の子とは違う言葉の使い方をします。
他には、相手が話したことをそのままオウム返しのように話す人もいます。

 

2、『趣味の対象が限定的』
簡単にいうとこだわりが強い傾向があります。
特定の対象や物、動作に強い興味を示します。
積み木をドミノのように並べ続けたり、手をブラブラさせ続けたりと、普通の子がしないような動きを連続してやったりします。

 

3、『他人とのコミュニケーションが困難』
コミュニケーションの一つである、相手の事を思いやったり、相手の気持ちを感じたりくみ取ったりすることが苦手な傾向がみられます。
また、通常赤ちゃんの時は母親に近くにいたり、抱っこしたりすると嬉しそうな素振りをみせたり、笑ったりするのですが、そのようなことをしないという症状もみられたりします。

 

このサイトでは他にも様々詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
更新履歴